モノレールと新交通システムはLRTに勝てるか

ゆいレール延伸、上野のモノレールは休止

ゆいレールの首里―てだこ浦西間4.1kmの事業費は約350億円で、1kmあたり約85億円となる。これに対し、現在、建設中の「宇都宮ライトレール(LRT)」は14.6kmを新規に建設するのに対し、事業費は約458億円。1kmあたり約31億円で済む。

大型LRVの一例である広島電鉄5100形。定員は約150人にも及ぶ(筆者撮影)

LRT(Light Rail Transit)とは、日本ではよく「次世代型路面電車」とも呼ばれる。停留所にて段差なしで乗れる超低床式電車(LRV:Light Rail Vehicle)の導入など、従来の路面電車を改良した「軽鉄道システム」であり、やはり、一般の鉄道とバスの間を埋める中量交通機関と位置づけられる。

では、どのぐらい輸送力があるかと言えば、例えば広島電鉄で導入が進められている5車体から成る大型LRVでは、1編成あたり法定上の定員は149人(5100形の場合)となっている。

これに対し、ゆいレールの1000形電車は2両編成の定員が165人。それほどの差はない。AGTでは、日暮里・舎人ライナー320形の5両編成で262人などが例だ。

モノレールの時代は終わったのか?

もっともモノレールの場合、東京モノレール10000形のように6両編成で定員600人という輸送力をつけることも可能であるから、一概にLRTと同等とは言えないが、需要がそれほど大きくないルートに導入するには不利がある。

大都市と言えども、人口減少が見込まれ、公共交通機関も右肩上がりの利用客数が見込めなくなると、事業費に対して効率がさほど良くないモノレールや新交通システムを推す声が小さくなるのも当然だろう。

代わって、既存の路面電車の改良で整備することも可能で、新路線の建設費用も安くつき、かつ歩道から段差なく乗り込めるバリアフリーなLRTが着目されるのも、自然な流れと言える。

次ページLRTは一般の鉄道と互換性がある
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。