コアラを「絶滅危機」に追いやる深刻な山火事

専門家いわく「コアラは絶滅したも同じ」

過去最悪の山火事でコアラが危機に……(写真:Splash/アフロ)
シドニーに非常事態宣言が出され過去最悪となっているオーストラリアの森林火災。コアラをはじめとする野生動物も多く焼け出されている......。

NSW州だけで350頭のコアラが焼死か

オーストラリアで発生している山火事は、例年にないほどの規模になっている。11月22日付のイギリス・ガーディアン紙によると、最も被害が大きいのはオーストラリア最大の都市シドニーがあるニューサウスウェールズ(NSW)州だ。165万ヘクタール(1万6500平方キロ)が焼失し、住宅600戸以上が破壊された。死亡者数は6人に上っており、全員が同州で被害に遭っている。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

また、オーストラリア固有の動物コアラをはじめとする野生動物も多く焼け出されており、アメリカ・CNNは10月30日の時点で、NSW州でコアラ350頭が死んだ可能性があると伝えていた。

また、イギリス・デイリーメールは、「NSWとクイーンズランド州ではコアラの生息地80%が焼失し、1000頭以上が死んだ可能性がある。コアラは絶滅したも同じ」とする専門家の話を紹介している。

次ページ多くのコアラが犠牲となった理由は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT