あの「謎の赤い路線バス」池袋でついに運行開始

街中をぐるぐる回る2ルートの「IKEBUS」

車体の完成に続き、運行事業者の公募が行われた。選ばれたのはウィラーエクスプレス。ピンクの高速バスで一般に知られているが、グループ全体では全国各地でレストランバスを運営したり、シンガポールでオンデマンドの自動運転を行ったり、京都丹後鉄道の列車を運行したりと新業態に果敢に進出することで定評がある。街中を周遊する路線バスの運行も2012年に関西で行っていたことがある。

ウィラーの村瀬茂高代表は、「非常にインパクトある車両。これが毎日走ることで街のシンボルになる」と期待する。時速19kmというスピードについても、「速さだけが移動の魅力ではない」と言い切る。

eCOM-10には屋根に太陽光パネルを設置して、走行中に太陽光パネルでバッテリーを充電するタイプもあるが、イケバスに太陽光パネルは設置されていない。また、eCOM-10同様、エアコンも設置されていない。窓を全開しても夏場は厳しいだろう。水戸岡氏は、「環境にやさしいが人に厳しい。夏は暑く冬は寒い」と笑い、「この車が地球環境の問題を考えるきっかけになってほしい」と期待する。だが、公共交通機関という性格上、車内温度の問題は来年の夏までになんらかの対応が行われるかもしれない。

池袋の新しいシンボルに

運行時間は10時から19時台で、2系統あるルート合わせて1日に62便が運行する。停留所は11カ所あり20分おきの運行となる。運賃は1回200円。ほかに1日券や2日券も販売される。区では「乗車率6~7割が目標」というが、村瀬代表はもう少し慎重に考えているようだ。

とはいえ、ウィラー側も黒字経営をする必要があるので、利用者を増やすための対策を講じていくはずだ。「まだお話しできないが、いろいろな仕掛けを考えていく」と村瀬代表は話す。ほかの路線バス、JR、都電荒川線などとの連携、あるいはレストランバスのような特別運行といったアイデアもウィラーならやってのけるかもしれない。

イケバスは路線バスだけでなく、貸し切りバスとしての事業も行われる。11月3日には、結婚式を挙げた新郎新婦がイケバスで池袋の街中を走るという貸し切り運行が実施された。区内の保育園児を2020年6月開園予定のキッズパークに送迎する事業も行う計画だ。

シンクトゥギャザー、水戸岡氏、ウィラー、高野区長、そして美化スタッフたち。多くの人の思いが実を結んだ。赤い車体のロンドンバスがロンドンのシンボルであるように、イケバスが池袋のシンボルと呼ばれる日がやってくるかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT