鉄道デザインの「水戸岡・奥山」、今度はバス対決

驚きの内装とゆったり快適、どちらを選ぶか

奥山清行氏がデザインした阪急交通社の「クリスタルクルーザー菫」(左)と、水戸岡鋭治氏がデザインしたクラブツーリズムの「クラブツーリズムフアースト」(撮影:梅谷秀司・尾形文繁)

JR九州の「ななつ星 in 九州」をデザインした水戸岡鋭治氏とJR東日本の「トランスイート四季島」のデザイナー・奥山清行氏。鉄道界を代表する2つの豪華観光列車のデザイナーが、今度は観光バスのデザインで腕を競う。

バスもあの「水戸岡デザイン」

先手を打ったのは、近鉄系の旅行会社KNT-CTホールディングス傘下のクラブツーリズム。新型デザインバス「CLUB TOURISM FIRST(クラブツーリズムフアースト)」を使ったツアーを1月10日からスタートしている。

水戸岡鋭治氏がデザインした「クラブツーリズムフアースト」の外観(撮影:尾形文繁)

バスは三菱ふそうトラック・バス製で、ロイヤルレッドと呼ばれる外観の配色やロゴマークなどの意匠はななつ星とよく似ている。車内に一歩足を踏み入れれば、木材を多用したいつもの「水戸岡ワールド」が全開だ。

ゆったりとしたリクライニングシートの生地や木目調のひじ掛け、クラシカルな格天井、職人技の組子、寄せ木の床、すだれ風のカーテン。観光列車ではすっかりおなじみとなった水戸岡氏のデザインが、バス車内で見事に再現された。「“こんなの見たことがない”と言ってもらえるようなバスを目指した」と、クラブツーリズムの村上さちえバス旅行部長は言う。

バスの車内で鉄道車両と同様に展開される水戸岡デザインには、確かに驚きがある。とりわけ格天井はバスでは初めてだという。「これだけ豪華な格天井を持つバスは世界で初めてではないか」(水戸岡氏)。頭上には荷物棚がなく、天井のデザインをじっくり堪能することができる。

このバスが生まれたのは「水戸岡さんにバスをつくってほしい」という企画担当者の思いがきっかけ。「社内稟議を通す前に、担当者が水戸岡さんに直談判して承諾を取ってしまいました」と村上氏が苦笑する。

次ページバスの課題は「走行中座ったまま」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。