あの「謎の赤い路線バス」池袋でついに運行開始

街中をぐるぐる回る2ルートの「IKEBUS」

ベース車両の候補として選定されたのは群馬県桐生市の新興企業・シンクトゥギャザー製のEVバス「eCOM-10」。シンクトゥギャザーという社名は耳慣れないが、2018年に環境省と国土交通省が実施する「グリーンスローモビリティ導入実証事業」において、日立、ヤマハなど大手系列メーカーの車両とともに、eCOM-10も購入費補助の対象に挙げられた。同社の宗村正弘社長は、「最近になって問い合わせが増えている」と話し、新潟市、松本市、宮崎市など20近い自治体で走行実績がある。

この車両の特徴は、5軸からなる10個のタイヤだ。タイヤが小さいため床が低く、乗降が容易となる。タイヤやモーターが小さい分、数を増やして駆動力を確保した。定員は16人で、1回の充電で約60km走れる。最高速度は時速19kmと低速だが、池袋の街を眺めながらのんびり周回するには十分なスピードだ。

デザイン担当は「あの人」

そのeCOM-10のデザインに大きく手を加え、定員22人の「イケバス」という新たな車種に仕立てたのが、JR九州の豪華列車「ななつ星」などのデザインで知られる水戸岡鋭治氏である。街に人を呼び込む観光列車のようなバスが欲しいと考えていた区にとって、水戸岡氏に白羽の矢を立てたのはある意味必然。水戸岡氏も豊島区に隣接する板橋区に事務所を構えていることもあって、高野区長の取り組みに共感していた。

ただ、水戸岡氏の起用には大きな問題点があった。区の事業は公平を期すため、一般競争入札で決める必要がある。区長が水戸岡氏に頼みたいという理由だけで、水戸岡氏に発注するわけにはいかないのだ。

次ページなぜ赤い色になった?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT