「鉄」以外も集まる西武車両基地の名物企画

来場者のお目当ては歴代特急車両だけでない

西武鉄道が横瀬車両基地を一般公開。集まったのは鉄道ファンだけでない(筆者撮影)

秋は車両基地イベントのシーズンである。10月14日の「鉄道の日」であることにちなんだり、天候にも恵まれる時期だからだったりするからだろう。毎週末のように、どこかの鉄道車両基地で一般公開イベントが行われる。

だいたいお決まりのパターンがあって、車体をクレーンで持ち上げるシーンを公開してくれたり、普段は内部に入ることができない車両に特別に入れてくれたり、といったものである。鉄道ファンならずとも、手軽にプチ社会科見学が楽しめる、なかなか興味を引くイベントである。

異色の車両基地イベント

と、このような車両基地イベントの1つが、11月9日に西武鉄道の横瀬車両基地で行われた。ただし、このイベントはほかの車両基地公開とは少しだけ趣が異なっている。なにしろ、横瀬車両基地は車体をクレーンで持ち上げるような施設があるわけでもなく、秩父の山奥に留置線が何本かあるだけだ。

にもかかわらず、実に多くの人たちでにぎわう車両基地イベント。いったいこのイベントにはどんな特徴があるのか。当日、足を運んでみることにした。

イベント当日は秋晴れに恵まれた。西武秩父駅の1つ手前、横瀬駅が車両基地の最寄り駅。駅を出てすぐ横にある地下道を通り抜ければすぐに車両基地だ。

次ページ鉄道ファンのお目当ては?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。