バスに大苦戦、特急「ふじさん」は生き残れるか

強敵の「高速バス」が本数や料金で圧倒する

小田急新宿―JR御殿場間を直通する特急「ふじさん」(写真:tetsuo1338/PIXTA)

東京都心から日帰りできるスポットとして内外の人気を集める富士山周辺。同地域の1つ、静岡県御殿場市は富士山の玄関口であるほか、箱根の裏玄関としての顔、そして「御殿場プレミアム・アウトレット」などを擁するまちとしても知られる。

同アウトレットは2000年7月に開業した国内有数規模のアウトレットモールである。かつて小田急電鉄(小田急)が経営していた遊園地「小田急御殿場ファミリーランド」の跡地に立地する。

「あさぎり」から「ふじさん」に改称

御殿場の公共交通機関としては、主に鉄道とバスがある中で、鉄道アクセスの看板商品といえるのが、小田急新宿―JR御殿場間を約1時間40分で結ぶ特急「ふじさん」である。

2018年3月17日のダイヤ改正前までは「あさぎり」を名乗っていたが、「ふじさん」に改めている。列車名改称の狙いについて、小田急電鉄CSR・広報部は「富士山方面へ運行していることをわかりやすくするため」と説明。さらに「従前は和名のみの運用だったが、増加するインバウンド需要を考慮し英名表記をしている」と英語名「Mt.Fuji」を付記した意図を付け加える。

次ページ「ふじさん」はどんな特急?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。