小田急ロマンスカー「ふじさん」は定着するか

伝統の「あさぎり」を名称変更、訪日客にPR

新型ロマンスカーGSE出発式の準備(左)が進む中を発車する特急「ふじさん」(撮影:梅谷秀司)

複々線化の完成に伴う大規模なダイヤ改正、新型特急ロマンスカー「GSE」のデビューと、小田急電鉄にとっては特別な日となった3月17日。そのかたわらで、同日に新たなスタートを切った列車があった。その名は、特急ロマンスカー「ふじさん」号。前日まで「あさぎり」号と呼ばれていた、JR御殿場線に乗り入れて新宿と御殿場(静岡県御殿場市)を結ぶ列車だ。

同日の朝、新型ロマンスカーGSEデビューを記念した装飾が目立つ小田急新宿駅の特急用ホームでは、「ふじさん」の列車名を表示した青い車体のロマンスカーMSEが発車を待っていた。まだ馴染みのない列車名だけに、ホームでは「小田急って富士山に行くの?」と不思議そうに話す人の姿も。GSEの出発式に向けた準備が進む中、「ふじさん」は静かに御殿場へ向け発車した。

「あさぎり」を惜しむ人も

小田急線から御殿場線へ直通する列車の歴史は古く、その始まりは1955年にさかのぼる。当時は御殿場線がまだ電化されておらず、小田急は専用のディーゼルカーを導入して直通運転を開始した。今回消えた列車名「あさぎり」は、富士山西麓に広がる朝霧高原から命名され、1959年以来使われていた伝統ある名称だ。

長年親しまれた列車名の変更について、小田急は「富士山の麓である御殿場への列車であることから、富士山方面へのアクセス手段であることを分かりやすくし、訪日外国人観光客にも利用してもらいたい」とその狙いを説明する。英語名はずばり「Mt.Fuji」だ。

鉄道ファンには、伝統ある「あさぎり」の列車名が消えたことを惜しむ人も少なくない。新宿駅で「ふじさん」の1番列車を撮影していた男性は「『ふじさん』は外国人客へのPRになるかもしれないが、『あさぎり』はきれいな響きの列車名だと思っていたのでちょっと残念」。富士山の名を冠した列車はほかにもあるため、ネット上などでは「逆に分かりにくいのでは」と指摘する声もあるようだ。

次ページ地元観光関係者は「ふじさん」への変更を歓迎
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。