「早稲田川柳」に見るケイオウとの明らかな違い

個性派揃いでクセが強い「早稲田生」の魅力

慶女との バイトはいつも 化粧濃く

(ワセジョの芋)

慶應女子に対する、表には出さない秘めたライバル心、わかります。いつもはすっぴんにジーンズなのに、化粧ばっちり&スカート装備で対抗。でも、たぶん向こうはこっちをライバルとも思ってないんでしょうね(笑)(2005年第一文学部卒業 お笑い芸人・山﨑ケイさん)

「ケイオウ」ヘの燃えさかるライバル心

なぜか熱くなる特別な戦い、早慶戦。憎みきれない永遠のライバル、慶応への思いとは?

「ケイオウ」への敵対心はメラメラと燃えています
母校愛 財布の中身 諭吉なし

(諭吉なし早稲田生 22歳)

早慶戦 講義出るなと 教授言い

(モリジー 65歳)

聴いてみりゃ 塾歌もいいなと 一塁側で

(夕闇の神宮球場 58歳)佳作作品

わが娘 早稲田を蹴って ケイオウヘ

(ピンクパジャマ 63歳)特別賞受賞作品

ちょっとした寂しさ、本当は書けるのか書けないのか……あえてカタカナで書く悔しさ、でもやっぱりうれしい娘の進学、いろんな親心が伝わってきました!(山﨑ケイさん)

次ページ在野精神と包容力が早稲田の魅力
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT