「早稲田川柳」に見るケイオウとの明らかな違い

個性派揃いでクセが強い「早稲田生」の魅力

早稲田川柳の企画は2018年、3000を超える応募があり、選ぶのに苦労するほどの実に多彩な秀作が集まりました。

3000超の応募があった「早稲田川柳」

根底にあるのは、早稲田大学130年の歴史の中で育まれた世代を超えた強い連帯感。

『早稲田川柳』(ぴあ)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

自虐の中にも誇りがあり、批判の中に愛があるという早稲田ならではの在野精神と包容力が、川柳という表現手段にピタリとはまった感じでもあります。

校友、そして早稲田ファンの方々にとっては、時に笑顔になり、時に涙する、珠玉の一句に出会うことは間違いありません。

また、近くにいる早稲田の卒業生がどうも苦手な方、さらに三田会(編集部註:慶應義塾大学の同窓会組織)の方々にも、独特でクセの強~い早稲田ワールドをご理解いただければ幸いです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。