「早稲田川柳」に見るケイオウとの明らかな違い

個性派揃いでクセが強い「早稲田生」の魅力

青じゃない 我が青春は えんじ色

(なんだかんだ早稲田生 26歳)早稲田カード賞受賞作品

わが校のスクールカラーである「えんじ」が早稲田でのさまざまな思い出を象徴しているようです。青春の「青」と対比させたのも、お見事。(2008年第二文学部卒業 歌人・伊波真人)

自虐するも誇り高き「ワセジョ」

世代を超えて受け継がれてきた「ワセジョ」(編集部註:早稲田女子)のイメージ。時に卑下し、時に誇らしげに語る彼女たちの本音とは?

酔っ払った上司を介抱するたくましい「ワセジョ」
酔っ払い 送り届ける ワセジョかな

(ワセジョいまはむかし 52歳)優秀賞受賞作品

そうなんです! ワセジョは決して送られるのではなく、酔っ払っただらしない早稲田オトコを送り届けちゃうんです! そんな「すばらしい女性」の代名詞「ワセジョ」! 永遠に輝け!(早稲田校友会審査員)

ワセジョ会 いつも必ず 肉か麺

(別腹祐子 22歳)佳作作品

ワセジョだと 卑下する素振り 誇らしげ

(いいじゃんワセジョ 21歳)優秀賞受賞作品

みんな早稲田が大好きで、誇りに思っているんですよね。卑下しているようで、開き直っているようで、そうじゃない。これが私。いい句ですね~。(校友会運営メンバー)

次ページケイオウに 負けたくないのが 早稲田生 
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT