プラスチックごみ「再生」のまだまだ静かな歩み

P&Gが海洋ごみを容器原料とする技術を確立

カワバタ氏は、日系アメリカ人。テラサイクル(本社・アメリカ・ニュージャージー州)は、2002年にアメリカ・プリンストン大学の学生だった創立者が、「捨てられている材料を利用して革新的で手頃な値段の製品を作る」事業を始め、2009年からはイギリス、カナダなど海外に乗り出し、現在は21カ国でリサイクル事業を行っている。

プラスチック循環利用協会作成のマテリアルフロー図(2017年版)によると、日本で出るプラスチックごみの総排出量は年約903万トン。このうち、単純焼却(8%)と埋め立て(6%)を除く86%がリサイクルされている。しかし、そのうち68%(903万トンのうち58%)はサーマル・リサイクル(エネルギー回収)で、プラスチックを燃やすと二酸化炭素排出が増えてしまうことが課題になっている。

燃やすのではなく、再生利用(マテリアル・リサイクル)されるのは、23%にすぎない。再生利用は、プラスチックごみを原料にして、ベンチ、フェンスなど土木建築、公園、農林水産用品など新たなプラスチック製品を作る。

ペットボトルの場合、回収して不純物を除いた後、選別、粉砕、洗浄してフレークやペレットという再生材料に変え、文具、洋服などさまざまな製品に生まれ変わっている。しかし、再生製品や再生材料の利用先がなかなか増えないことがネックになり、再生利用自体が伸び悩んでいる。

そんな状況の中、食品容器や飲料メーカーが自ら乗り出し、使用済み製品をもとの製品に戻す取り組みが注目を集めている。

「エフピコ」のトレー to トレー

スーパーやコンビニに並ぶトレーのトップメーカー、エフピコ(本社・広島県福山市、東京都新宿区)は29年前の1990年から、全国のスーパーの店頭などの回収拠点約9200カ所で、発泡スチロール製トレー、透明なプラスチック容器、ペットボトルを回収している。

エフピコのリサイクルは以下の流れで行われている。

① 消費者がトレーなどをさっと洗って乾かし、店頭に持ってきて回収箱に入れる
② スーパーは回収箱を設置し、見守る
③ 包材問屋は、スーパーに食品トレーなどを納入した帰り便で回収されたトレーを運び、保管
④ エフピコは自社配送を行う場合、帰り便で回収のトレーを運ぶ。回収されたトレーなどを製品に戻す
次ページ収集運搬業界にも新たな動き
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。