私の人生は「ワンマン」…鉄道缶バッジ誕生裏話

年間5000個販売「上司警戒」など思わずニヤリ

初めて手がけた商品はEL(電気機関車)のクリアファイル。「いまではクリアファイルって定番グッズのようになっていますけど、大井川鉄道にはなかった。そのとき、鉄道ファンの中で、SLよりEL、というブームがあったみたいなんですね。それで、あえてELで3種類、1800枚」。それを1年くらいで売り切った。次に手がけたグッズが缶バッジだ。

「クリアファイルは薄くて折れにくいからお土産にちょうどいいんです。僕も観光列車に乗るたびに買っちゃいますけど、全国的に定番になっていて、僕はなにか、大井川鉄道にしかないものを作りたかった。最初は真面目なデザインで売り出したんです。"警戒"など、実際に鉄道の現場にある丸い標識です」

鉄道会社らしいアイデアだ。言わば鉄道グッズのレプリカ。ところがなかなか売れなかった。2カ月悩んで、思いついたアイデアがあの「ワンマン」だ。

「夜にふと、自分はいつまでワンマンなんだろう、と思いまして(笑)、これをグッズ化したら売れるんじゃないかと」

Twitterで一気に拡散

思い立ったらすぐにデザインを作った。上司に「これを売っていいですか」と見せたところ「とりあえず売ってみようか」。それが2018年の春。新金谷駅の売店に置いたところ、早くも2日目にTwitterで爆発的に拡散した。問い合わせも多く、すぐに第2弾、第3弾を考案した。それも人気で、お客さんが2つ、3つとまとめて買ってくれる。5個で1500円、10個で3000円とキリのよい金額で売れていった。

次ページ上司も認めた?「上司警戒」
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。