NHKに20年在籍した僕に見えた公共放送の役割

多様な価値を受け止める土壌を守る必要性

この小さな出来事は、殊のほか若い僕の印象に残りました。

相手の言葉にじっと耳を傾ければ、考え方が真逆の人間ですら、その人の本音や人生の断片、何かしらドキュメントになりうる出来事が浮かび上がってくる。声にならない声にしてしまうかどうか、それは耳を傾ける側のスタンスに委ねられるのではないか、と。

多様性を「担保」する

「公共放送」に在籍した20年、現場の人間として大きな変化を感じたのは、2001年ETV特集の「番組改変問題」です。

ETV特集は、あまりその枠を作る機会のないドラマ部在籍だった僕にとっても、魅力的な枠でした。低予算で、視聴率も時に数字がカウントされない(1%以下)ほど低いのですが、だからこそ、誰も番組にしないネタやタブーに切りこむことができる。その枠での従軍慰安婦問題をめぐる番組が、政治的圧力によって改変されたとされ、大騒ぎになりました。

本当に圧力があったのか、それとも組織の忖度だったのか。真実が曖昧なまま騒動に蓋がされたときには、僕の眼に映る局のムードは一変していました。

数々の優れた番組を作ってきた先輩たちの顔が、突然色褪せて見えました。組織に依って創っている個はここまで脆いのか。独立を考え始めたのは、その頃のことです。

大河ドラマ「龍馬伝」のあるイベントでは、参加者から「歴史的な出来事の描写について、NHKはどう考えているのか」と聞かれました。すでに退局の意志を固めていた僕は「NHKという人はどこにもいない。『龍馬伝』はNHKに在籍する大友という個人が、多くのスタッフと共に自分の考えで創っている。僕の考えならお話しできます」と答えました。

公共放送に働く一人ひとりにもそれぞれ考えがあり、十把一絡げではありません。多くの個が自分の考えや審美眼を健全に鍛え上げ、その多様性が結果、放送に反映される。誰に言われるでもなく、自分の仕事が社会のなかでどのようにポジショニングされるか、その結果を責任として享受する。それが公共放送を支える個人のスタンス、命綱であると考えていました。

次ページ一人ひとりの考えにじっと耳を傾けると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT