東京が「世界一危ない都市」と断定されたワケ

治安は「3年連続最高」でも別のリスクがある

ここからは競馬コーナーだ。秋風が冷たく感じられる季節を迎えている。そして今週末に控えているのが「秋の天皇賞」(10月27日、東京競馬場11R、距離2000メートル、G1)だ。令和初の天皇賞だけあって、豪華メンバーが揃っている。なかでも注目は、最強牝馬アーモンドアイ(1枠2番)と3歳最有力牡馬サートゥルナーリア(5枠10番)の2強対決である。

どちらが強いかは、両方に乗っているクリストフ・ルメール騎手がもっともよく知っていよう。それがアーモンドアイを選び、「いちばん強い」と言っているのだから間違いないはず。逆にサートゥルナーリアは、ルメールが騎乗した皐月賞や神戸新聞杯は勝っているけれども、ダミアン・レーン騎手に乗り替わった日本ダービーは4着に終わった。クリストフ・スミヨン騎手に乗り替わる今回も、死角ありと見なければなるまい。

ライバルの心意気は買うが、天皇賞はアーモンドアイ

それだったら、サートゥルナーリアは先週の菊花賞に出ればよかった。さすればルメール騎手騎乗のもと、勝ったワールドプレミアを楽々と破って2冠馬(皐月賞とあわせて)になっていた公算が高い。それを敢えて「秋天」を狙ってくるのだから、打倒アーモンドアイで現役最強馬を目指しているのであろう。その意気やよし。

しかし、どっちを狙うかといえば、やはりアーモンドアイからだ。そして「2強は来ない」の法則に則って、馬連で薄目に流してみたい。まずは秋天と相性がいいダービー馬のワグネリアン(7枠14番)、次に左回りを得意とするスワーヴリチャード(2枠4番)、そして同じ2000メートルの大阪杯を勝っているアルアイン(8枠16番)と行こう。高配当を目指さずして何の競馬ぞ。

これだけの強豪が一堂に会することは滅多にないものだ。痺れるような名勝負を期待しよう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT