東京が「世界一危ない都市」と断定されたワケ

治安は「3年連続最高」でも別のリスクがある

ここからは競馬コーナーだ。秋風が冷たく感じられる季節を迎えている。そして今週末に控えているのが「秋の天皇賞」(10月27日、東京競馬場11R、距離2000メートル、G1)だ。令和初の天皇賞だけあって、豪華メンバーが揃っている。なかでも注目は、最強牝馬アーモンドアイ(1枠2番)と3歳最有力牡馬サートゥルナーリア(5枠10番)の2強対決である。

どちらが強いかは、両方に乗っているクリストフ・ルメール騎手がもっともよく知っていよう。それがアーモンドアイを選び、「いちばん強い」と言っているのだから間違いないはず。逆にサートゥルナーリアは、ルメールが騎乗した皐月賞や神戸新聞杯は勝っているけれども、ダミアン・レーン騎手に乗り替わった日本ダービーは4着に終わった。クリストフ・スミヨン騎手に乗り替わる今回も、死角ありと見なければなるまい。

ライバルの心意気は買うが、天皇賞はアーモンドアイ

それだったら、サートゥルナーリアは先週の菊花賞に出ればよかった。さすればルメール騎手騎乗のもと、勝ったワールドプレミアを楽々と破って2冠馬(皐月賞とあわせて)になっていた公算が高い。それを敢えて「秋天」を狙ってくるのだから、打倒アーモンドアイで現役最強馬を目指しているのであろう。その意気やよし。

しかし、どっちを狙うかといえば、やはりアーモンドアイからだ。そして「2強は来ない」の法則に則って、馬連で薄目に流してみたい。まずは秋天と相性がいいダービー馬のワグネリアン(7枠14番)、次に左回りを得意とするスワーヴリチャード(2枠4番)、そして同じ2000メートルの大阪杯を勝っているアルアイン(8枠16番)と行こう。高配当を目指さずして何の競馬ぞ。

これだけの強豪が一堂に会することは滅多にないものだ。痺れるような名勝負を期待しよう。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。