才能が「芽を出す子」の家庭に揃っている3条件

「勉強ありき」「短所の是正」では決してない

では、才能を伸ばすために必要な「光」とは何でしょうか。それは、「子どもの自己肯定感を引き上げる言葉」であると筆者は考えています。筆者が紹介している10の言葉を参考までに上げておきます。

【承認の言葉】 すごいね! さすがだね! いいね!
【感心の言葉】 なるほど! 知らなかった!
【感謝の言葉】 うれしい! 助かった! ありがとう!
【安心の言葉】 大丈夫!
【指摘の言葉】 〇〇(子どもの名前)らしくないね~ 
*詳細は過去記事もあわせてご覧ください

これらの言葉は、「その子のよさを肯定してあげる言葉」です。

才能・能力=長所をいかに伸ばしていくかが大切

するとどのような現象が起こるかと言いますと、「光」を浴びたその才能は、光合成を始め、双葉から枝が出て、さらに多くの葉が出てきます。これを「才能の分化」と呼んでいます。ちょうど、昆虫にハマった子どもが、その後、生物全体に興味が出たり、世界中の昆虫への関心から地理に興味が出たり、昆虫関係の本から国語力に発展していくことと同じです。

人は、自分では長所を認識できません。当たり前にできてしまっているからです。そして才能や能力はその長所に入っていると言われています。その”当たり前にできてしまっている長所”をさらに引き上げることがはじめに行うことであって、短所の是正が最初ではないのです。才能が発芽し、枝葉が伸びていけば、もはや短所は見えなくなっていきます。

以上のように、一人ひとり異なった才能・能力を持つ子どもの「種」を“発芽”させ、さらに“自ら”伸びていくための「自己肯定感を高める言葉」という“光”を当てることで、その子らしい“花”を咲かせていくことでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。