治水の5大手法が「簡単だからこそ」難しいワケ

それぞれの河川、時代で最適を選ぶしかない

手法2)洪水を他へ誘導して、水位を下げる

河川の切り替えと呼ばれたり、放水路と呼ばれたりする手法である。

河川を切り替えて、洪水を他へ誘導してしまう。そして、川の水位を下げて沿川の土地を守る。大都市の東京や大阪も、川を切り替えることによって守られている。

この手法の効果も絶大で、河川の水位は低くなり、安全性は一気に高まる。しかし、これも重大な欠点を持っている。

河川の流れを向けられた地域が脅威にさらされる

河川の流れを向けられた地域は、洪水の脅威にさらされてしまう。

江戸時代の利根川の切り替えで首都圏域は守られたが、利根川下流の茨城、千葉は何度も繰り返し洪水被害を受けることとなった。

そのため21世紀の今も、利根川の下流部を守るため3カ所の国直轄の河川事務所が治水事業を継続している。

手法3)川幅を広げて、水位を下げる

川幅を広げれば、洪水の水位は下がる。

川幅の拡幅は、地先の水位を下げるだけではない。上流一帯の水はけをよくする効果がある。

しかし、この治水手法にも難題がある。河川拡幅には、川沿いの土地を必要とする。日本各地のどの川沿いの土地も、何百年もかけて血と汗で開発してきた貴重な土地である。

河川拡幅ではその貴重な土地を潰さざるをえない。潰される土地の所有者の合意を得ることは至難の業となる。

この手法は、貴重な土地を守るために、その貴重な土地自身を潰すという自家撞着に陥ってしまう。

手法4)川底を掘って、水位を下げる

この手法は説明する必要がないほど簡単だ。川底を掘れば水位は下がる。当たり前だ。

この川底を掘る工事は、川の中で行われる。放水路や川幅拡幅のように新たな用地を必要としない。近代の日本社会で、用地の心配がない公共事業はこの浚渫(しゅんせつ)ぐらいだ。

浚渫は洪水の水位を確実に下げ、かつ、用地の心配はない。これはおいしい話だ。

次ページおいしい話ほど、危ない落とし穴が
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。