死の間際に「お花畑」が見えるのは日本人だけか

名医が語る「ご臨終」の不思議な世界

「お花畑」や「三途の川」など、なぜ決まったものを臨死体験では見るのでしょうか? その不思議をひもといていきます(写真:kotoru/PIXTA)    
超高齢社会を突き進む日本。「人生の最期」への人々の不安や関心はいや応なしに高まっているが、大切な家族、あるいは自分自身がついに「死」に至ったときの「その後」に、あなたは思いをはせたことがあるだろうか。
話に聞いたことのあるエピソードだと思うが、心停止した直後、その当人がなんとも不可思議なビジュアル――「お花畑」や「三途の川」など――を目にすることがあるのだという。いわゆる「臨死体験」である。
この記事では、そういった不思議な話を背景にした、「人の最期に向き合うときの心のあり方」について、新刊『イラストでわかる ご臨終の不思議な世界』を著した医学博士・志賀貢医師に、その長年の医師人生による経験をもとに解説してもらった。

臨死体験で目にする「お花畑」の不思議

病気や事故などで心停止に陥った人が死の淵から生還する驚愕のエピソード。昔からよく聞く話です。これはややもすると怪談の領域かもしれませんが、そういったエピソードには「お花畑を見た」という不思議がつきものです。

その「お花畑」はおそらく、意識を失っている間の「臨死体験」に関係があるのではないかと思われます。この体験は、蘇生した人の4~18%くらいに見られるといいますから、実はかなりよく起きていることがわかります。

日本では、白、黄色、ピンク色などの花が咲くお花畑の向こうに「三途の川」が流れていて、この世とあの世の境目にあるというその川を渡ると再び蘇生することはない、と考えられています。実際、お花畑に足を踏み込んで川を渡ろうとしたとき、親族の声に呼び戻されて意識を取り戻したという話もあります。

こうしたお花畑や三途の川の話は、飛鳥時代から平安時代にかけて中国から伝来し、庶民の間に根付いたものと考えられます。ところが、欧米諸国でも同じような臨死体験があることが報告されています。

若干違うのは、日本人の場合は臨死体験でお花畑や三途の川を見る確率が高いのですが、欧米では自分が自身の体から遊離して浮かび上がる「幽体離脱」や、自然の光や神様、親族の明るい姿が見えるという「光体験」が多いといわれます。

次ページ「臨死体験」と脳の関係性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT