メガバンクに迫る資本規制強化の大波

メガバンク3グループの場合、資本に含まれていた公的資金を06年に完済している。しかし、10年前に民間向けに大量に発行した優先出資証券の償還が08~09年にかけて集中。タイミング悪く世界的な金融危機が起きたことから、資金調達にはコストの高い多額の増資が必要となり、希薄化を招く普通株の巨額増資も余儀なくされた。

それを実施した後でも、普通株と内部留保を中心としたコアTierIは最も高い三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)で7%弱。三井住友FGでは6%弱、みずほFGは優先株1兆円増資を行っているため、コアTierIで見ると4%ほどしかない下グラフ)。7~8%台ある欧米大手金融機関の水準から表面上は見劣りする。


 一方、欧米の大手金融機関は比較的高い自己資本比率を維持しているが、実態は異なる。バブル期に膨らませた証券化商品の償却を終えたものの、不良化したローン処理にはかつての日本と同様に時間がかかる。民間向けの与信がGDPに占める比率を見ても、08年時点の英国やEU、米国では、バブル崩壊直後の日本の水準より高い。今後、信用収縮による調整が長引くことが予想されている。日本の「竹中プラン」のような厳格な資産査定を行えば、欧米の大手金融機関は潜在的に債務超過の可能性もあり(下図)、再び資本強化を迫られよう。

今回の資本規制強化は貸し渋りにもつながるため、欧米のエコノミストからも「導入は景気回復後にすべき」との意見が多い。世界的に金融機関の株式発行が大量に行われる場合、市場がそれを消化できる状態にあるのかも大きな疑問だ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。