「会計に無知」な経済学の大家が断罪される理由

アダム・スミス、マルクス、ケインズをも批判

日本では、1874年に板垣退助らが「民撰議院設立建白書」を提出しました。その中で、「政府ニ対シテ租税ヲ払フノ義務アル者ハ、乃チ其政府の事ヲ予知可否スルノ権理ヲ有ス」(納税者には、政府の事業について知る権利があり、それをするべきか、あるいはやめるべきか決める権利がある)と記しました。

二宮尊徳は、「暗君は取ることを先にし、国衰え、民は窮乏し、やがて国家は滅亡する」とし、「聖人の政は取ることを先にせず、これにより国は栄える」と述べました。主権者である納税者は、為政者の行いをウオッチして、為政者が約束を果たして支払った税が期待した効用をもたらしているか会計情報をもとに確かめなければならない、ということです。

会計の力を発揮して社会活動にも取り組む吉田氏

吉田氏は会計の力を発揮して権力を抑止するために、次のように憲法改正などの具体的な提案をしています。

憲法改正案:憲法第90条「国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない」を改正し、明治憲法制定時に削除された政府の会計責任を明記する。

吉田氏は、研究者であると同時に社会改革を目指す実践の人でもあります。今世紀初頭に公会計研究所と自由経済研究所を立ち上げ、税収の範囲で財政は運営されなければならない、として均衡財政を主張し、「子どもにツケをまわさない」というスローガンを掲げてさまざまな社会活動に取り組んでいます。

パチオリやペイトン、リトルトンなどを始祖とする近代会計学を学んだ人にとっては、ミーゼス、ハイエクなどの自由主義経済学にも造詣の深い著者の論考は新鮮でしょう。

『市場と会計』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

さらに、日ごろ会計に興味をもっていない人も、吉田寛とともに人間行為の視点で太古から今日までを駆け巡ってみれば、新しい発見があるかもしれません。

ライト兄弟の1903年の初飛行をスミソニアン博物館に受け入れられるまでに45年の歳月を要したことは、パイオニアが評価する者に恵まれなかった事例として挙げられています。その他、蒸気機関車を走らせるトレシビック等、パイオニアの事跡の評価に多くの時間を要することも示されています。

吉田氏は、最初の著書『公会計の理論』で「日本公認会計士協会学術賞」という賞を受賞しました。主権者と権力者を分離する会計手法により、「子どもにツケをまわさない」ことを可能にすると提唱した吉田寛もまた、パイオニアであったのです。離陸に必要であった向かい風が、巡航を助ける追い風に変わることを願います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT