カシオの関数電卓、地味に2000万台売れる理由 Gショックだけじゃない、陰の大黒柱の正体

印刷
A
A

計算機という「ハード」を売るだけではなく、Webアプリなどのソフトの提供も始まっている。「CASIO EDU+」というアプリでは、関数電卓上に表示されたQRコードを読み取り、答えに至るまでの数式やグラフを表示できる。生徒同士でデータの共有も可能で、グループワークやディスカッションにも対応できる。

また、北米ではネット上で行われる数学試験や電子教科書での採点ツールや学習ツールを提供している。

日本の教育現場で関数電卓はなじみが薄い

海外で拡大が続く関数電卓だが、意外な盲点となっているのが国内販売だ。カシオは30年以上前から欧米で関数電卓を販売してきたが、日本の教育現場では手計算が重視されるため、入試はおろか学校の授業でも関数電卓の使用は基本的に認められてこなかった。そのため、大学の理系学部や経済学部で学ぶ人たち以外では関数電卓はそもそもなじみが薄い。

2020年に行われる大学入試改革の議論の中で、関数電卓の使用を検討の俎上に載せることが断念されたという。「現場の高校の先生たちが関数電卓による教授法を知らないうえ、手計算を頑張ってきた自らの成功体験が捨てきれない」(文科省初等中等教育局の職員)など議論の俎上にすら載らない状況だ。

そのため、教育事業の国内販売の主軸は電子辞書で、関数電卓は大学などの推薦教材扱いだ。電子辞書の売り上げの大半は年度末と季節の偏りがあるうえ、利益率は関数電卓と比べても低い。

「いつかは日本でも関数電卓を広く展開したい」(太田氏)。理系学部出身者を中心に関数電卓の使用者や経験者は着実に増えている。認知度が高まれば、いずれ日本でも関数電卓への理解が深まり、普及するかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT