カシオの関数電卓、地味に2000万台売れる理由

Gショックだけじゃない、陰の大黒柱の正体

カシオの電卓をかたわらに授業に臨むベトナムの学生たち(写真:カシオ計算機)

落としても壊れない、G-SHOCK(Gショック)が絶対的な知名度を誇るカシオ計算機。Gショックはカシオの売上高の約3割を占め、利益率も20%を超える大黒柱だが、その陰に隠れた安定収益事業がある。

関数電卓や電子辞書などを扱う、主に学生向けの教育事業だ。

2021年度までに世界販売2割増を計画

カシオの教育事業は関数電卓と電子辞書のほか、電子ピアノなどの楽器で構成されている。この中で、社名どおりにもっとも得意としているのが関数電卓だ。2018年度の関数電卓の売上高営業利益率は16%と、全社の利益率10.1%と比べても高収益だ。

関数電卓とは、四則演算や百分率の計算機能以外に高校数学で学ぶ微積分や対数、三角関数などの機能がついた電卓のこと。通常の電卓は廉価品なら数百円で購入できるが、関数電卓は数千円、高いものでは数万円する高額商品だ。

カシオは2018年度の1年間に、世界100カ国以上で2360万台の関数電卓を販売。今年5月に発表された中期経営計画では2021年度に販売台数を2870万台へ、さらに2割以上販売台数を増やそうと計画している。売り上げの半分近くは欧米だが、台数増を牽引しているのは東南アジアなどの新興国だ。

昨年9月にカシオはインドネシア教育文化省と、STEM(科学や技術など)分野におけるパートナーシップ契約を結んだ。現地の学校へ関数電卓を販売し、数学教員らに関数電卓の使い方を指導する。インドネシア以外でも、フィリピンやタイなどでも同様の取り組みを行い、関数電卓の普及率を上げる狙いがある。

次ページカシオが教育事業に力を入れるわけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 小幡績の視点
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。