カシオの関数電卓、地味に2000万台売れる理由

Gショックだけじゃない、陰の大黒柱の正体

カシオの電卓をかたわらに授業に臨むベトナムの学生たち(写真:カシオ計算機)

落としても壊れない、G-SHOCK(Gショック)が絶対的な知名度を誇るカシオ計算機。Gショックはカシオの売上高の約3割を占め、利益率も20%を超える大黒柱だが、その陰に隠れた安定収益事業がある。

関数電卓や電子辞書などを扱う、主に学生向けの教育事業だ。

2021年度までに世界販売2割増を計画

カシオの教育事業は関数電卓と電子辞書のほか、電子ピアノなどの楽器で構成されている。この中で、社名どおりにもっとも得意としているのが関数電卓だ。2018年度の関数電卓の売上高営業利益率は16%と、全社の利益率10.1%と比べても高収益だ。

関数電卓とは、四則演算や百分率の計算機能以外に高校数学で学ぶ微積分や対数、三角関数などの機能がついた電卓のこと。通常の電卓は廉価品なら数百円で購入できるが、関数電卓は数千円、高いものでは数万円する高額商品だ。

カシオは2018年度の1年間に、世界100カ国以上で2360万台の関数電卓を販売。今年5月に発表された中期経営計画では2021年度に販売台数を2870万台へ、さらに2割以上販売台数を増やそうと計画している。売り上げの半分近くは欧米だが、台数増を牽引しているのは東南アジアなどの新興国だ。

昨年9月にカシオはインドネシア教育文化省と、STEM(科学や技術など)分野におけるパートナーシップ契約を結んだ。現地の学校へ関数電卓を販売し、数学教員らに関数電卓の使い方を指導する。インドネシア以外でも、フィリピンやタイなどでも同様の取り組みを行い、関数電卓の普及率を上げる狙いがある。

次ページカシオが教育事業に力を入れるわけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT