トヨタ、「プリウス」をリコールへ

世界で190万台、09年3月以降の生産車対象

2月12日、トヨタは、ハイブリッドシステムの制御ソフトに不具合があるとして「プリウス」のリコールを国土交通省に届け出た。写真はプリウスのロゴ。都内で昨年4月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] -トヨタ自動車<7203.T>は12日、ハイブリッドシステムの制御ソフトに不具合があるとして、ハイブリッド車「プリウス」のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。リコールするのは2009年3月から2014年2月に生産した車体で、世界で190万台に上る。これまでに事故の報告はない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。