トヨタ、「プリウス」をリコールへ

世界で190万台、09年3月以降の生産車対象

2月12日、トヨタは、ハイブリッドシステムの制御ソフトに不具合があるとして「プリウス」のリコールを国土交通省に届け出た。写真はプリウスのロゴ。都内で昨年4月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] -トヨタ自動車<7203.T>は12日、ハイブリッドシステムの制御ソフトに不具合があるとして、ハイブリッド車「プリウス」のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。リコールするのは2009年3月から2014年2月に生産した車体で、世界で190万台に上る。これまでに事故の報告はない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。