トヨタ、「プリウス」をリコールへ

世界で190万台、09年3月以降の生産車対象

2月12日、トヨタは、ハイブリッドシステムの制御ソフトに不具合があるとして「プリウス」のリコールを国土交通省に届け出た。写真はプリウスのロゴ。都内で昨年4月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] -トヨタ自動車<7203.T>は12日、ハイブリッドシステムの制御ソフトに不具合があるとして、ハイブリッド車「プリウス」のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。リコールするのは2009年3月から2014年2月に生産した車体で、世界で190万台に上る。これまでに事故の報告はない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT