副業で儲かる人とそうでもない人の決定的な差

雑誌『LEON』も儲かる仕組みができている

石井:会社から、「意識しなさい」というアナウンスがあったことは事実ですが、その前に周りを観察していて、直感的にそうしようと思いました。私たちの世代は、あまり休んじゃいけないと思う世代ですよね。休むことへの不安と罪悪感みたいなものがどうしても拭えない。

ずーっと会社にへばりついて、粘ることが美徳と思っていて。過去、私もそうでした。サラリーマンは夜遅くまで残って仕事しているかが上司に認められるポイントだったりしましたよね(笑)。

だから今は、部下にどう休みを取ってもらうか、ということも意識しているのですが、なかなか難しい部分もある。でも、「それでいいんだろうか?」「自分の人生の楽しさは?」と考える人が少しずつ増えてきているのだと思いますね。

会社はお金をもらいながら勉強できる場所

船ヶ山:最近では、終身雇用が崩れてきています。私は著書で副業について「自分ビジネス」と定義しているのですが、石井さんは自分ビジネスを持つことについてどうお考えですか?

男性誌『LEON』編集長 石井 洋(いしい ひろし)/1974年生まれ。フリーランスのエディター・ライターとして多岐にわたり活躍した後、ミドルアッパー層に向けたラグジュアリー男性誌『LEON』に参画。2017年3月より同誌編集長に就任。2018年12月より、オフィシャルWebサイト『LEON.JP』編集長を兼任。モードからクラシコまで精通するファッション博愛主義者。週末は趣味のゴルフ、格闘技観戦にいそしむ45歳

石井:終身雇用が崩れている時代の備えとして、メンタル的にも経済的にも、自分ビジネスを見つけられたら、それは大きな武器だし蓄えそのものだと思います。

船ヶ山:その通りですね。その人が稼げる自分ビジネスは、その人の過去にしかありません。私のクライアントで、今までやってきたこととまったく違うことをしようとする人がいるのですが、全力で止めます。絶対に失敗するから、と(笑)。

石井:ああ、わかります。

船ヶ山:そして私はクライアントに、「会社はお金をもらいながら勉強できる場所だ」とつねに言っています。私もサラリーマンをやめる前の1〜2年は、自分ビジネスを始める準備を会社の中で仕込んでいました。新しい企画を立てて、その商品作りから販売戦略、実際に販売していくところまで、会社の仕事としてやらせてもらいました。

石井:サラリーマンは会社から給料をもらっているという部分は非常に大きいと思うのですが、船ヶ山さんが手がけた一連の仕事が成功したことによって、会社に利益が上がっているわけですよね。

船ヶ山:はい、そうです。自分が作り上げた事業が成功したことに、とても勇気をもらいました。

次ページ多くの人はビジネスのやり方を知らない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。