就活「セミナー・会社説明会」の評価が高い20社

首位JALだが、第一三共や村田製作所など浮上

学生がJALを研究すれば、経営破綻した歴史を知ることになる。しかし、JALは隠そうとしていない。その姿勢が好感されているようだ。

「経営破綻の内容を包み隠さず、むしろ成長している過程を知ることができたことと、以前と社風が異なっていたこと」(文系・中堅私立大)

ANAのセミナーもJALと似た雰囲気のようだ。JALはメッセージカードをプレゼントしたようだが、ANAはクリアファイルとお茶。こういう小さなプレゼントで、たぶん学生は距離の近さや優しさを感じとっているのだろう。

「一人ひとりにクリアファイルとお茶をくれた」(文系・上位私立大)

「現役の社員の方を呼んで生の声が聞けたため」(文系・中堅私立大)

「就活生への、気遣いに感銘を受けたため」(理系・その他国公立大)

「福利厚生」をきちんと説明

セミナーランキング3位は、味の素(25ポイント)だ。食品・飲料系は就職人気ランキングの人気業種だが、今回20位以内に入ったのは味の素とキリン(10位)の2社だった。

味の素では「規模の大きさ」や「雰囲気」を挙げるコメントが多く、下記のコメントからは丁寧に説明していることがわかる。人事担当者の中には、福利厚生に強い関心を持つ学生を嫌う人もいる。

しかし、福利厚生も労働環境だから、コンプライアンス重視の姿勢を示して十分に説明する必要があるだろう。年々、学生の福利厚生への関心度は高くなっている。2020年卒の学生の応募先企業の選定理由は、「福利厚生」が、文系・理系ともに「仕事内容」「給与・待遇」に次ぐ3位となっている。

「社員の方の人柄のよさと仕事にかける情熱を感じられたから」(文系・早慶大クラス)

「入社後の福利厚生をきちんと説明してくれた」(文系・中堅私立大)

「一対一で話す時間が長かった」(理系・旧帝大クラス)

次ページ女子学生限定の説明会を実施
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT