米国防総省、ミサイル防衛強化

向こう5年で45億ドルの予算請求へ

2月6日、米国防総省がミサイル防衛システム強化のため、向こう5年間で45億ドル(約4600億円)を来年度予算に追加で盛り込むよう議会に求めていくことが、ロイターの取材で分かった。ワシントンの国防総省で2005年6月撮影(2014年 ロイター/Jason Reed)

[ワシントン 6日 ロイター] -米国防総省がミサイル防衛システム強化のため、向こう5年間で45億ドル(約4600億円)を来年度予算に追加で盛り込むよう議会に求めていくことが、ロイターの取材で分かった。議会関係者らが明らかにした。

匿名の議会関係者らによると、そのうち約10億ドルをかけてアラスカ州に本土防衛のためのレーダーを建設する。また発射実験に失敗した現在の迎撃ミサイルに代わる新たなミサイル開発のために5億6000万ドルを追加投入するという。

国防予算の削減が求められる中、国防総省が予算要求に踏み切った背景には、イランや北朝鮮によるミサイル開発に対する米政府内の不安が高まっていることがあるという。

共和党は国防予算を削減するオバマ政権を非難してきたことから、今回の予算が要求されれば、民主・共和両党から幅広い支持が得られる見通しだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT