人間大洪水!1億人が熱狂するインド最大の奇祭

12年に1度、全裸の漂白者集う「クンブメーラ」

12年に1度、行われるインドの祝祭「クンブメーラ」。巡礼者でごった返す入浴日の沐浴場。圧死者が出てもおかしくない混雑ぶりで、警備の軍人と警官の怒号が飛び続ける(写真:名越啓介)
1億人の漂白者(バガボンド)たちはどこを目指すのか? 12年に1度、行われるインド最大の祝祭「アラハバード・クンブメーラ」。死が目の前にある老人から、生まれたばかりの赤子まで。人間の塊が、前から後ろから、止めどなく押し寄せてくる。ここはマッドマックスの世界か、あるいは黄泉の国なのか。神話と現実が交差する異界の実態を、『バガボンド インド・クンブメーラ 聖者の疾走』から一部抜粋してお届けする。

●クンブメーラ地図

クンブメーラはガンジス川とヤムナー川、神話上に存在したとされるサラスバティ川という3つの川の合流点=聖地・サンガムで開催される。敷地面積はニューヨークのマンハッタン島と同等。川の中州に、このためだけに電気が架設されて、万を超えるテントやトイレが設置される。さながら1つの街が出現するかのよう(『バガボンド インド・クンブメーラ 聖者の疾走』より)。

身動きできないほどにひしめく人々

(写真:名越啓介)

会場には万を超える宿泊用テントが用意されているが、路上で寝食を済ませる巡礼者も多い。

(写真:名越啓介)

パレードの出発直前は、圧死者が出てもおかしくない大混雑。沿道の巡礼者たちも押し合い圧し合い。カオスな状況が続く。

次ページ「異様な祭り」の光景
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。