人間大洪水!1億人が熱狂するインド最大の奇祭

12年に1度、全裸の漂白者集う「クンブメーラ」

(写真:名越啓介)

テントの中と外。異界と現実。クンブメーラの“異様さ”を象徴するような1枚。

凝った服装の修行者も

(写真:名越啓介)

ファッショナルブルなサドゥ(=ヒンドゥー教の修行者)。日本から持参した白バックを背景に撮影。マリーゴールドの首飾りが象徴的。

(写真:名越啓介)

宵闇が薄れ、空に灰色がにじんだ朝の3時ごろ。パレードに向けて、肉体に聖なる白い灰を塗り込んだサドゥが集まり始める。

次ページ深夜の墓地で唱えられるマントラ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。