「万年、閉塞感」な職場を変えたい人へ

奇策?賛否両論?それでもいい

「職場の空気を一新するため、レイアウト変更を行います」

取材した食品商社は3年以上も新規採用をしていない会社。さらに売り上げ拡大が止まって5年以上。まさに閉塞感が出まくっていました。そこで新社長が登場。職場の雰囲気を変えたいと感じたようです。ただ、すぐに打ち出せる新規事業は出てこない。それでも閉塞感は払拭したい……。そこで頭をひねって、すぐできそうなことからやってみようと考えて、実施したのがレイアウト変更。

とにかく、ガラガラポンと席次を変更。座ってみると、自分の両隣はそれまでほとんど話したこともない同僚が座っている状態。さらに社長の席を個室の社長室から、オフィスの中央に変更。誰もが社長と接することができるようになりました。このレイアウトに対して、

「新鮮で仕事をやる気が高まった」

「慣れた環境が変わると落ち着かない」

と、社内では賛否両論の意見が巻き起こりました。でも、社長にはそれも織り込み済み。議論によって、社員同士が意見を言い合うようになるのも狙いであったようです。変化の乏しい閉塞感に陥った職場では、マイナスの発想しか出てきません。プラスとマイナスの意見がぶつかることで、職場は活性化すると考えたのです。

結果的に、その会社では職場の活力が高まり、業績もプラスに転じました。

レイアウト変更以外にも、比較的簡単で有効な打ち手はあります。たとえば、社名変更、あるいは外部から経営陣を招聘する、大胆な人事異動をするといったことです。

アベノミクス効果で、今、多くの企業が攻めに転じています。取り残されて閉塞感が出てしまった職場からは、社員が逃げていく可能性が大。そうならないように経営者や管理職の方々は、早急に攻めの一手を考えましょう。現場の社員の方も、勇気を出して進言してみてはどうでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT