ECBが主要政策金利を据え置き

デフレリスクを見極めへ

2月6日、欧州中央銀行(ECB)は6日、主要政策金利を0.25%に据え置いた。写真はフランクフルトのECB前で2013年9月撮影(2014年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 6日 ロイター] -欧州中央銀行(ECB)は6日、主要政策金利を0.25%に据え置いた。来月発表されるスタッフ予想を見極めようと、今回の理事会ではデフレ阻止に向けた新たな措置は見送った。

上限金利の限界貸出金利は0.75%に、下限金利の中銀預金金利もゼロにそれぞれ据え置いた。

ドラギECB総裁はこの後、1330GMT(日本時間午後10時半)から記者会見を行う。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。