ECBが主要政策金利を据え置き

デフレリスクを見極めへ

2月6日、欧州中央銀行(ECB)は6日、主要政策金利を0.25%に据え置いた。写真はフランクフルトのECB前で2013年9月撮影(2014年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 6日 ロイター] -欧州中央銀行(ECB)は6日、主要政策金利を0.25%に据え置いた。来月発表されるスタッフ予想を見極めようと、今回の理事会ではデフレ阻止に向けた新たな措置は見送った。

上限金利の限界貸出金利は0.75%に、下限金利の中銀預金金利もゼロにそれぞれ据え置いた。

ドラギECB総裁はこの後、1330GMT(日本時間午後10時半)から記者会見を行う。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。