熊本電鉄、「くまモン電車」の効果は絶大だった

地域密着の鉄道に外国人観光客が押し寄せる

「学生さんたちは菊池方面から御代志までバスで来て、電車に乗り換えています。バス路線そのものは菊池から熊本市内まで通じているのですが、だいたい学生さんの多くは乗り換えて。それで空になったバスは、ほかのお客さんを乗せて熊本市内までやってくる。うまくできているんですね」(中野課長)

熊本市街地の一角にある藤崎宮前駅(筆者撮影)

熊本市街地の一角、雑居ビルの奥まったところに小さなホームを構える藤崎宮前駅から乗ってみると、観光客や鉄道ファンの姿はほとんどなく、地元の人たちの姿ばかり。終点の御代志に近付くにつれて学生たちが少しずつ乗ってきて、ほとんどが御代志駅からバスに乗り換えていった。

まさに学生たちを中心とする地元の人たちに支えられている路線。それが熊本電鉄、いや菊池電車なのである。

ちなみに、遠方から熊本電鉄に乗ろうとやってくると、JRと接続しているということから上熊本駅を利用することが多い。そうしたことから、上熊本駅が熊本電鉄最大のターミナルと思いがちだ。

乗車人員数1位の藤崎宮前

ところが、実際には熊本電鉄で最も乗車人員が多いのは藤崎宮前駅。本線と支線が交わる北熊本駅と終点の御代志駅が続き、上熊本駅は全体で4番目。1位の藤崎宮前駅の1日1144人と比べると上熊本駅は494人と半分にも満たない(いずれも平成30年度)。少々意外に思えるが、これは熊本市街地と交通機関の位置関係による。

藤崎宮前駅は熊本電鉄で最も乗車人員が多い(筆者撮影)

熊本最大のターミナルはもちろん新幹線も乗り入れる熊本駅だが、これはあくまでも遠方から訪れる人のためのターミナルであって、市の中心市街地は熊本駅から少し離れた通町付近。熊本駅とは路面電車の熊本市電によって結ばれている。藤崎宮前駅はその通町から少し北に離れた場所にある。

「昔は藤崎宮前駅のあたりも繁華街だったんですけどね」と中野課長は言うが、いずれにしても藤崎宮前駅は熊本市街地から市北部、そして合志市や菊池市に向けての“市街地の外れのターミナル”なのだ。

次ページ台湾人が大挙してやってくる
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。