熊本電鉄、「くまモン電車」の効果は絶大だった

地域密着の鉄道に外国人観光客が押し寄せる

熊本電鉄で活躍する元東京メトロ銀座線車両にはくまもんのラッピングが施されている(筆者撮影)

熊本と聞いて何を思い浮かべるか。そう問われれば多くの人がまず挙げるであろうものはやはりあの「くまモン」か。それに次いで現在熊本地震からの復旧工事が続けられている熊本城といったあたりが、一般的なところだ。が、ここではあくまでも主役は“鉄道“。熊本の鉄道と言って思い浮かぶのは、何はなくとも熊本電鉄である。

熊本電鉄といえば、“青ガエル”の愛称で知られた旧東急5000系や旧南海22000系などかつて都市部で見かけた懐かしの車両が活躍していたことでおなじみだ。

熊本電鉄ってどんな路線?

現在は元都営三田線6000形・元東京メトロ銀座線01系(熊本電鉄では01形)・日比谷線03系(熊本電鉄では03形)が走る。こうした点はメディアでもよく取り上げられるから知っている人は多いだろう。だが、一方で熊本電鉄の路線がどんなところを走り、どのような人たちが利用しているのか、それを知る人は意外と少ないのではないか。

熊本電鉄の鉄道路線は2路線。正式ないわゆる“線路名称”では、上熊本―御代志(みよし)間の菊池線と北熊本―藤崎宮前間の藤崎線があり、両路線は北熊本駅で接続している。

だが実際の運行形態を見ると、藤崎宮前―御代志間が事実上の“本線”として直通運転を行い、上熊本―北熊本間は折り返し運転のみの“支線”。熊本の玄関口・JR熊本駅からは鹿児島本線と接続する上熊本駅が便利だが、ここはあえて熊本の中心市街地に近い藤崎宮前駅から乗ってみた。

熊本駅から藤崎宮前駅までは、タクシーを使う。駅前から乗り込んで行き先を告げると、運転手は「ああ、菊池電車の駅ね」と言う。熊本電鉄、地元では菊池電車と呼ばれているようだ。

次ページ地元の人は「菊池電車」と呼ぶ
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。