新手の国外不正送金「マネーミュール」の闇

求人サイト応募でいつの間にか資金洗浄に加担

気軽に求人サイトに応募したら、いつの間にか国際的な犯罪の片棒を担ぐハメに──。

こんな事件が、今年になって立て続けに明るみに出ている。栃木県警は1月14日、犯罪収益の海外送金を請け負ったとして、同県に住む男性を犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕した。同日、愛知県でも同じ罪で逮捕者が出ている。

二つの事件に共通するのは、「マネーミュール」と呼ばれるマネーロンダリング(資金洗浄)の新しい手口だ。マネーミュールを日本語に訳すと「おカネを運ぶラバ(ロバと馬を掛け合わせた動物)」。つまり、不正資金の運び屋を意味する。

資金洗浄をもくろむ犯罪組織が、求人サイトやメールなどで運び屋を勧誘。そこで採用した運び屋の口座に、インターネットバンキングへの不正アクセスなどで得た資金を振り込み、それを海外に送金させる。

運び屋は指示されたとおりに動くだけで、犯罪組織についての情報は何も持たない。そのため、犯罪組織は、口座からおカネを抜き取られた被害者や警察などから追跡されにくくなる。加えて問題なのは、誰でも運び屋になる可能性がある、ということだ。

栃木の事件を詳細に見てみよう。

次ページ海外送金の「仕事」案内メール
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。