トランプ大統領、対中関税の5%引き上げ発表 

中国による「対米報復関税」への対抗措置

 23日、トランプ米大統領は、中国の輸入品に追加で5%の関税を課すと明らかにした。中国による対米報復関税に対抗する。写真は8月18日撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、中国の輸入品に追加で5%の関税を課すと明らかにした。中国による対米報復関税に対抗する。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で「残念なことに、これまでの政権は中国が公正かつバランスの取れた貿易を出し抜くことを許し、これが米国の納税者の負担となってきた」と指摘。「大統領としてもはや許すことはできない!」と述べた。

トランプ氏によると、2500億ドル相当の中国の輸入品に対する関税を現在の25%から30%に引き上げる。10月1日から適用する。

また、中国からの輸入品3000億ドルに課す追加関税第4弾の税率を10%から15%に引き上げる。第4弾の発動時期は一部品目が9月1日からだが、全体の半分近くの品目は9月1日から12月15日に延期されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT