「金がないから結婚できない」と嘆く人の大誤解

未既婚者の年収差、都道府県別ランキング

さて、未既婚の平均年収格差を見てみると、全国平均は115万円です。つまり、アラサーの既婚と未婚を分ける年収格差は約115万円、1カ月あたり約9万6000円の収入差があるということです。格差が大きい上位5位のうち3つは首都圏です。トップは東京の161万円差、最下位の鳥取の57万円と比べると3倍近い開きがあります。

ちなみに、年収格差とアラサー男性未婚率との相関係数は0.5172でした。0.4以上なので、正の相関があるとは言えます。かつて1980年代まで日本はほぼ皆婚社会でした。総中流意識の下、同世代での年収格差も少なく、ゆえに結婚率も高かったと見ることもできます。

しかし、年収格差と未婚率のランキングを細かく見比べると、年収格差が大きくても、必ずしもエリアによっては未婚率が高いとは言えないことがわかります。反対に、それは年収格差が低いエリアでも同様です。

第三の要因がある!?

今回のテーマは「エリアごとに異なる年収格差と結婚率との関係」です。確かに、東京・神奈川などの首都圏では、年収格差と未婚率とは大きな相関があります。都市生活する未婚男性にとって「金がないから結婚できない」と言いたくなる気持ちはわかります。

しかし、であれば、年収格差の少ない地方エリアではもっと未婚率が下がってもいいように思いますが、実際はそうではありません。男の年収だけが未婚化の要因ではないのです。実は、未婚男性の年収格差と結婚との間に大きな影響与えていた意外な「第三の要因」がありました。

それは「姉さん女房」の存在です。横軸に「未既婚の年収格差」、縦軸に「25~34歳の未婚率」、バブルグラフにて「初婚における妻年上婚の構成比」を並べてみました。妻年上婚の大きさは、全国平均の24.2%の差分でプラス(姉さん女房が多い=青)とマイナス(年下妻が多い=オレンジ)で示し、バブルの大きさはその差分の大きさを表します。

これで見ると、一目瞭然です。

次ページこのグラフからわかること
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
名門ホテル激変<br>高級化路線の成否

9月12日、ジ・オークラ・トーキョーが開業した。4年の歳月と建て替え総工費約1100億円をかけ、世界のラグジュアリーホテルに伍して戦える施設に生まれ変わった。パレスホテルなどの成功例も加え、日本のグランドホテルの未来を占う。