アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

ミュージシャン・実業家「GACKT」の本が1位!

ヴィジュアル系ロックバンドMALICE MIZERの元ボーカル、GACKT氏の書籍が1位を獲得しました(画像:アン・デオール/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、8月11日~17日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『GACKTの勝ち方』が初の1位を獲得

今週(8月11日~17日)のランキングでは、前週3位の『GACKTの勝ち方』(GACKT著、サンクチュアリ出版)が1位に輝いた。「新R25」で紹介され、注文が集まったという。

『GACKTの勝ち方』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位には前週ランク外の『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』(落合陽一著、SBクリエイティブ)がランクインした。著者のツイートからの流入が多かったという。

3位には、前週1位だった『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞著、株式会社ほぼ日)がランクインした。特別な要因はなく、安定して注文が集まったという。

前週ランク外から10位にランクアップしたのが『僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版』(瀧本哲史著、講談社)だ。8月16日に著者の訃報が報じられたことが影響した模様だという。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。