反日に変化?中国人観光客が大挙して来日中

春節で「肺をきれいにする」ツアーの側面も

中国人観光客のプレゼンスは、再び高まろうとしている(写真は2010年のラオックスの秋葉原本店で、撮影:尾形 文繁)

中国は春節に入った。約1週間は旧正月のお休みで、中国国内で民族大移動が行われ、日本にも多くの中国人旅行者がやって来ている。先日までは、中国の政府もマスコミも、あれほど「反日キャンペーン」をしていたはずなのに、なぜこんなに日本に中国旅行者が来るのだろうか?この現象を分析してみたい。

旅行で中国人も、日本の良さがわかってきた

論点は中国人の「本音と建前」にある。春節休みにこれほどの旅行者が来るとは信じられないことであるが、福建省の老朋友(古い友達)とごく最近宴会をした時に、以下のように言われて、「なるほど」と納得した。 

①中国は環境汚染がひどいのに、日本は「PM2.5」の心配をほとんどせずに済むので本当に安心だ。

②中国の食品は危ないものもあるが、日本で食べる食品はおおむね安全で新鮮で美味しい。

③中国の観光地に行くと混雑していてゴミも多い。だが日本はほとんどどこでも綺麗だ。

④中国で買い物をすると偽物が少なくない。だが日本人は正直なのでほとんど心配ない。

⑤中国では軍国主義の日本の話ばかりTVで放映しているが、全部ウソだとわかった。

⑥中国のサービスは金儲けが主体だが、日本のホテルや旅館の「おもてなし」は最高だ。

彼が言っていることは多少の「よいしょ」もあるが、ほとんどはホンネで言っている。

次ページ中国人はやっぱり上得意客だ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。