「合意なき離脱」はヨーロッパ全体を傷つける

ブレグジットに伴う不確実性に金融界が警告

EUからの「合意なき離脱」問題に揺れるイギリスの金融街シティー(記者撮影)
イギリスのボリス・ジョンソン新首相は、今年10月末には何があってもEU(欧州連合)から離脱するとし、「合意なき離脱」も辞さない構えを繰り返している。
こうした状況をイギリスの金融業界はどう見ているのか。
イギリスの金融サービス業界とその周辺産業を代表する業界団体「ザ・シティーUK」のロンドン本部で戦略部門を担当するマネジング・ディレクター、ゲイリー・カンプキン氏に聞いた。

「市場の分裂」はイギリス、EU双方に打撃

――ジョンソン新政権に望むことは何ですか。

できるだけ早期にブレグジットに関してEUと合意に達し、産業界に先行きの確実性をもたらすようにしてほしい。

イギリスの産業界は今、非常に強い不確実性の中にある。「合意ありの離脱」であれば、激変緩和措置としての移行期間がもたらされ、不透明感が薄らいだ中でEUとの将来関係についての重要な交渉に進むことができる。これは他のEU27カ国にとっても重要だ。さらに、日本やアメリカなど、イギリスとの自由貿易協定交渉を望むEU域外の国々にとっても大切なことだ。

イギリスの金融サービス産業とその周辺産業は国内最大の納税者であり、最大の貿易黒字を計上している。イギリス全体で230万人の従事者を抱える巨大産業でもある。われわれは自由で、開放された市場を望んでいる。そこからわれわれの優位性も生まれている。人材や技術へのアクセスなど、国際的なコネクティビティ(連結性)を通じた競争力強化の政策を進めてもらいたい。

次ページEU諸国にもダメージ与える「合意なき離脱」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
怒濤のM&Aで年商1兆円<br>ミネベアミツミの成長戦略

「中興の祖」髙橋高見氏の積極的な買収で大きく成長した旧ミネベア。娘婿の貝沼由久会長兼社長も同じく、M&Aによる事業拡大路線を歩む。現ミネベアミツミの成長の軌跡を振り返り、4月に買収したユーシンの再建に向けた課題を考察。

  • 新刊
  • ランキング