米新規失業保険申請、34.8万件に増加

労働市場の改善基調は続く

1月30日、米新規失業保険申請件数は、前週比1万9000件増の34万8000件となった。写真はロサンゼルスの就職フェア会場で2013年11月撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ワシントン 30日 ロイター] -米労働省が発表した1月25日までの週の新規失業保険申請件数は、季節調整済みで前週比1万9000件増の34万8000件となった。予想を上回る増加となったが、雇用市場の改善基調は続いていることが示された。

市場は33万件への増加を予想していた。前週分は当初発表から3000件上方修正された。

雇用市場の基調をより正確に示すとされる4週間移動平均は750件増の33万3000件だった。

労働省のアナリストによると、今回の集計ではルイジアナ州が推定値で、州レベルのデータに影響を与えるような特殊要因はなかったと説明している。

当該週はキング牧師誕生日の休日があった。祝日によって申請件数が振れやすくなる傾向がある。

1月18日までの週の受給総数は1万6000件減の299万件だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT