『中途採用者に対する差別はあるか』(36歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

処方箋:『要求されるハードルも高い』

 ただ、実際には、即戦力として転職後すぐに成果を上げられる人なんて、まずいないでしょう。半年くらいは適応期間が必要なものです。そんな時、高すぎる期待の反動で、風当たりが強くなることもあるでしょう。

 「周囲の要求が高すぎる」「職場の理解が無い」といったクレームは、実際、中途採用者からしばしば人事に寄せられるものです。差別があると感じている元同僚の方も、こういったギャップに苦しんでいるのかもしれません。

 いずれにせよ、新しい環境に対し前向きに努力することで、問題は必ず解決されるはずです。「自分はいじめられている!」と考え込まずに、余裕を持って構えることですね。
 
 最後に一つ。金融機関などにはごくまれに「転職するような人間は信用ならん」なんていうシーラカンスのような上司が生き残っていたりすることもあります。こういうのは会社側としても大いに迷惑なので、人事にでも一報してあげてください。しっかり指導してもらえるはずです。

 会社の人事戦略についてこられない人間よりも、中途採用者の方がはるかに重要な人材であることは間違いないのですから。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。