セブンペイ突如廃止!見切り発車の重い代償

わずか1カ月でサービス廃止を決断したわけ

7月1日のサービス開始からわずか1カ月で「廃止」が決定されたセブンペイ。写真は8月1日の記者会見で謝罪するセブン&アイホールディングスの後藤克弘副社長(左から2人目)ら(記者撮影)

成長戦略の要となるはずだったサービスが、異例のスピードで廃止されることになった。

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は8月1日に東京都内で会見を開き、スマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」を9月30日で廃止することを発表した。7月1日のサービス開始から、わずか1カ月で下された決定だった。

不正の手口は「リスト型アカウントハッキング」

「多くのお客様、不正利用の舞台となった加盟店の皆様、多くの関係者の皆様に心よりお詫び申し上げます」

1日の会見に出席したセブン&アイHDの後藤克弘副社長は深々と頭を下げた。

不正アクセスにより、セブンペイのアプリ上に登録された利用者のクレジットカードを通して不正にチャージされ、電子タバコなど換金性が高い商品が大量に購入されていた。被害は808人、3861万円にものぼった。

セブン&アイHDは不正アクセスの手口について、外部で入手したIDとパスワードのリストを使って利用者になりすます、「リスト型アカウントハッキング」である可能性が高いと結論づけた。

次ページ顧客に残るセブンペイへの根強い不安感
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT