セブンペイ突如廃止!見切り発車の重い代償

わずか1カ月でサービス廃止を決断したわけ

7月1日のサービス開始からわずか1カ月で「廃止」が決定されたセブンペイ。写真は8月1日の記者会見で謝罪するセブン&アイホールディングスの後藤克弘副社長(左から2人目)ら(記者撮影)

成長戦略の要となるはずだったサービスが、異例のスピードで廃止されることになった。

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は8月1日に東京都内で会見を開き、スマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」を9月30日で廃止することを発表した。7月1日のサービス開始から、わずか1カ月で下された決定だった。

不正の手口は「リスト型アカウントハッキング」

「多くのお客様、不正利用の舞台となった加盟店の皆様、多くの関係者の皆様に心よりお詫び申し上げます」

1日の会見に出席したセブン&アイHDの後藤克弘副社長は深々と頭を下げた。

不正アクセスにより、セブンペイのアプリ上に登録された利用者のクレジットカードを通して不正にチャージされ、電子タバコなど換金性が高い商品が大量に購入されていた。被害は808人、3861万円にものぼった。

セブン&アイHDは不正アクセスの手口について、外部で入手したIDとパスワードのリストを使って利用者になりすます、「リスト型アカウントハッキング」である可能性が高いと結論づけた。

次ページ顧客に残るセブンペイへの根強い不安感
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT