米ADP民間雇用者数、7月15.6万人増で想定超

6月分も上方修正、アメリカの雇用は依然堅調

企業向け給与計算サービスのADPとムーディーズ・アナリティクスが31日発表した7月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が15万6000人増と、エコノミスト予想の15万人増を上回った。ミシガン州フリントで2月撮影(2019年 ロイター/Rebecca Cook)

[31日 ロイター] - 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが31日発表した7月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が15万6000人増と、ロイターがまとめたエコノミスト予想の15万人増を上回った。国内の労働市場が堅調との見方を支援した。

エコノミストの予想レンジは10万─18万5000人増だった。

前月分は当初の10万2000人増から11万2000人増に上方修正された。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。