米ADP民間雇用者数、7月15.6万人増で想定超

6月分も上方修正、アメリカの雇用は依然堅調

企業向け給与計算サービスのADPとムーディーズ・アナリティクスが31日発表した7月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が15万6000人増と、エコノミスト予想の15万人増を上回った。ミシガン州フリントで2月撮影(2019年 ロイター/Rebecca Cook)

[31日 ロイター] - 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが31日発表した7月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が15万6000人増と、ロイターがまとめたエコノミスト予想の15万人増を上回った。国内の労働市場が堅調との見方を支援した。

エコノミストの予想レンジは10万─18万5000人増だった。

前月分は当初の10万2000人増から11万2000人増に上方修正された。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。