「LINEの街」福岡市で見たスマホ生活の未来

決済や公式アカウントまで全面タッグを推進

それはスマホ利用者の多くが毎日使うアプリの中に決済サービスがある点だ。LINEの国内月間利用者数に占める毎日利用する人の割合は86%と、他社アプリに比べても高い。

さらにアプリ内には出前サービスの「LINEデリマ」やネット通販の「LINEショッピング」、企業からのメッセージやクーポンを直接受け取れる「公式アカウント」といったファミリーサービスも豊富だ。これはLINEペイからすれば、決済だけ、還元だけではなく、LINE内のほかの機能と絡め、生活に根ざした付加価値を提供しやすいともいえる。

この点は他社も一目置く。スマホ向けのバーチャルプリペイドカード事業を手がけ、スマホ決済業界全般に詳しいカンムの八巻渉代表は「利用者同士で行える送金サービスは(同じ機能を提供している各社の中で)最も使い勝手がいい」と指摘する。加えて、「スターバックス コーヒー ジャパンとの提携など、オフラインでの体験をどう設計するか、LINEは他社より意識が高い」(同)。

162万人に上る福岡市の「友だち」

福岡市での取り組みの旗振り役となったのは、高島宗一郎市長だ。LINEとは2016年10月に「情報発信強化に関する連携協定」を締結。さらに2018年8月にはその範囲を拡大する新たな連携協定を締結し、ほかのネット企業以上に密な取り組みを行っている。

LINEペイと並ぶ顕著な施策は、2017年に開設した福岡市のLINE公式アカウントだ。市の人口が約159万人なのに対し、同アカウントの「友だち」登録数は約162万(いずれも2019年7月時点)。スタンプ取得目的のユーザーも一定数いるとみられるが、災害情報などを見るため、周辺自治体の居住者が登録しているケースもある。

従来、ホームページやツイッターで市政情報を発信してきたが、「欲しい情報だけ、欲しいときに手に入れられる仕組みを作りたかった」(福岡市・総務企画局企画調整部の井上雄介企画課長)。

福岡市の公式アカウントでは、住民が求める情報を選んで受け取ることができる(記者撮影)

そこでLINE公式アカウントでは防災、子育て、ゴミの日など、受け取りたい情報をトーク画面から設定できるようにした。設定した項目内で居住エリア、子どもの誕生日などを選択すると、自分や家族と関係の深い情報だけ受信することができる。

中でも重宝されているのがゴミの日の通知だ。毎週すべてのゴミの回収日について受信する、月に1度の空き瓶・ペットボトル回収日だけ受信するなど、パターンが選べる。

これまで電話・ネット経由で行っていた粗大ゴミの回収受け付けがLINEで行える仕組みもある。粗大ゴミ処理手数料について、7月からは一部地域でLINEペイによる決済も導入。コンビニなどに出向いて支払う必要がなくなり、同地域では回収受け付け全体の30%近くがLINE経由となっている。

次ページ粗大ゴミの回収をLINEで受け付け
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。