なぜか廃れない「学校の怪談」が実は必要な理由

そこに隠された子どもの心理背景とは…

現代の子どもたちの「学校の怪談」はどのようなものなのだろうか?(写真:Kengo_mi/PIXTA)

3つ目の個室に潜んでいる“トイレの花子さん”、理科室の人体模型が夜な夜な動き出す……。誰もが子どものころに1度は触れたであろう『学校の怪談』。現在は、パソコンルームのパソコンから無数の手が出現する、など、怪談の内容も時代とともにアップデートしているという。

ズボンやスカートを下ろすとき

それにしても、なぜ学校の怪談はすたれないのか?

「児童同士のコミュニケーションツールとして機能していることが考えられます」と話すのは、山口県立大学で子ども文化論などを研究する吉岡一志さん。怪談や恐怖体験は、子どもたちの交友関係を構築するうえで、重要な役割を果たしていると続ける。

「学校の怪談は、そのほとんどがトイレや特別教室、音楽室など出どころが明確です。子どもたちにとってはなじみの少ない特別教室=非日常空間ですから、そういった場所で何かが起きるというのは、子ども心に不安や想像力をかき立てる。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

しかし、最も“霊”の出現場所が多いのはトイレなんです。学校の怪談スポットを調べた結果、日常的なスポットにもかかわらず、トイレは実に全体の約3割を占めるほど。

これは、ズボンやスカートを下ろし、ある意味、無防備な自分をさらけ出している場所だからだと言われてきました」

では、どのような心理が働いて子どもたちは怪談を好むのか?

「トイレや音楽室などは、みんながイメージを共有しやすい場所。そのうえで、〇棟3階にある奥から△番目のトイレ、×時××分の音楽室というように、条件を限定している。

次ページ口裂け女はもう古い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT