「会社四季報」が将来もさらに読まれるために

「四季報なしの株式投資」は、考えられない

もちろん、個人投資家は分散投資を行うことができるし、そうするほうがいいのだが、TOPIXに近いレベルまでリスクを縮めようとすると、地味な銘柄をたぶん十数銘柄集めなければならないし、この場合、(1)銘柄に偏りが生じるし、(2)期待リターン面で魅力的な銘柄を多く選べない可能性が大きいし、何よりも(3)それぞれの銘柄をどのようなウェイトで持つのがいいのかを求めることが難しい。

つまり、分散投資したとしても個人投資家が持つポートフォリオとインデックスファンドの「ポートフォリオとしての評価の差」は、大差でインデックスファンドの勝ちだろう。そう思うので、筆者は多くの場合、投資家に対してインデックス投資を勧めるのだ。

しかし、投資家が十数銘柄から20~30銘柄位を使って、自分のポートフォリオのリスクを分析・推計できるなら、インデックスファンドにそう劣らないバランスのポートフォリオを作る事ができそうだし(とくに日経平均は偏りが大きいので勝ちやすいかもしれない)、何よりも自分が保有するリスクを把握しながら、個別株投資を楽しむことができる。

筆者は、かつて国内株式のアクティブファンドのファンドマネジャーだったことがあるのだが、アクティブファンドの運用は大変楽しい仕事だった。投資に興味のある読者には、ご自身の資金の個別株運用に将来ぜひ取り組んでもらいたいと思っている。株式投資は、趣味とするに足る知的で深いゲームだ。

個別株投資普及の鍵はポートフォリオ分析ツールにあり

尚、アクティブ運用は自分でやるから面白いのであって、他人が運用するアクティブファンドに投資することに、筆者は魅力を感じない。投資家の皆様にも、少なくとも現在よりも大幅に手数料水準が下がるのでなければお勧めしない。個人向けの運用商品としてのアクティブファンドは、現在、インデックスファンドに大幅に劣っている(注:①平均成績で負けているし、②相対的に良いアクティブファンドを事前に選ぶことは不可能だから)。

さて、十数銘柄レベルくらいの分散投資でも、インデックスファンドに対してそう大きく効率が劣らないポートフォリオを作ることは可能なはずだ。

ただし、この際に、投資家としては自分のポートフォリオの、①全体のリスクを知りたい、②リスクをもたらしている要因の内訳を知りたい、③リスク上の偏りを知りたい、④銘柄のウェイトを変更した場合に①、②、③がどう変化するかを知りたい、といった点に切実なニーズがあり、こうしたニーズを満たすことができるポートフォリオの分析・管理ツールがないと、安心して個別株投資のポートフォリオを運用することができない。

次ページツールなしでの運用は「ありえない」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT