日本電産永守会長「7-9月期以降は大きく改善」

第2四半期利益予想引き下げも通期据え置き 

 7月24日、日本電産は、2020年3月期(国際会計基準)の第2四半期累計・連結業績予想(19年4月1日─9月30日)の中で、当期利益予想を従来の570億円から370億円に下方修正した。写真は都内で昨年7月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 24日 ロイター] - 日本電産<6594.T>は24日、2019年4─9月期(国際会計基準)の当期利益予想を前年比52.8%減の370億円に下方修正した。従来予想は同27.4%減の570億円だった。セコップ社のコンプレッサー事業売却で198億円の譲渡損失を計上したことが響く。ただ、2020年3月期の業績予想は売上高、利益ともに据え置いた。

会見した永守重信会長・最高経営責任者(CEO)は「7─9月以降業績は大きく改善してくる。通期ではセコップの200億円を吸収すべく、半分社長に戻って業績改善に向け走っている」と語った。

2019年4─6月期は売上高が前年比3.0%減の3608億円、営業利益は同38.8%減の279億円だった。

部門別の営業利益は、精密小型モーター部門が前年比35.9%減の106億円、車載部門は同37.9%減の67億円、家電・商業・産業用部門が同34.1%減の86億円、機器装置部門が同32.7%減の55億円だった。

通期の売上高は前年比11.8%増の1兆6500億円、営業利益は同34.1%増の1750億円、当期利益は同21.8%増の1350億円とV字回復を見込んでいる。

会社の営業利益予想はリフィニティブが集計したアナリスト21人の予測平均値1821億円を下回る。

(志田義寧 田巻一彦 編集:石田仁志)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。