凍った地球 田近英一著

凍った地球 田近英一著

人類はいま、喫緊の課題として温暖化対策に追われているが、時間スケールを大きく伸ばすと、現在の地球は「温暖湿潤期」ながら新生代後期氷河時代の真っただ中にある。もともと大規模変動を伴った46億年の地球史からすれば、歴史的に環境安定期はそう長かったわけでもない。

その大規模な環境変動の例に、かつて3度にわたり地球の表面は完全に氷で覆われていたというスノーボールアース(全球凍結)仮説がある。これにより生命は大絶滅の危機に瀕する極めて過酷な試練を強いられたという。本書において著者は、そのスノーボールアース仮説と、それがもたらした新しい地球史観を、好奇心旺盛に探究していく。決め手は地層、それも「氷河堆積物」の観察にある。

本書は、「天文少年」がすくすくと育ち、少壮の地球物理学者となった著者のいわば「探偵ミステリ」といえる。自然科学好きばかりでなくミステリ好きの読者にも好適だ。

新潮選書 1155円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。