凍った地球 田近英一著

凍った地球 田近英一著

人類はいま、喫緊の課題として温暖化対策に追われているが、時間スケールを大きく伸ばすと、現在の地球は「温暖湿潤期」ながら新生代後期氷河時代の真っただ中にある。もともと大規模変動を伴った46億年の地球史からすれば、歴史的に環境安定期はそう長かったわけでもない。

その大規模な環境変動の例に、かつて3度にわたり地球の表面は完全に氷で覆われていたというスノーボールアース(全球凍結)仮説がある。これにより生命は大絶滅の危機に瀕する極めて過酷な試練を強いられたという。本書において著者は、そのスノーボールアース仮説と、それがもたらした新しい地球史観を、好奇心旺盛に探究していく。決め手は地層、それも「氷河堆積物」の観察にある。

本書は、「天文少年」がすくすくと育ち、少壮の地球物理学者となった著者のいわば「探偵ミステリ」といえる。自然科学好きばかりでなくミステリ好きの読者にも好適だ。

新潮選書 1155円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。