「100万人を投獄」ウイグル人権問題の深刻度

元収容者が証言する強制収容の恐るべき実態

新疆ウイグル自治区で大規模な強制収容が行われているというニュースは、昨年から世界各国のメディアで報じられている。外国籍を持っていたなど、特別な事情で釈放され、中国外に出国した元収容者の証言によるものだ。

2015年から3度にわたり収容所生活を経験し、現在はアメリカで暮らすウイグル人のメヒルグル・トゥルスンさん(29)もその1人。7月6日に明治大学現代中国研究所とアムネスティ・インターナショナル日本が共催し、都内で開かれた「ウイグル人証言集会」にネット中継で登場した。

電気ショックによる虐待で精神病院へ

メヒルグルさんはエジプトに留学していたウイグル人と結婚し、現地で三つ子を産んだ。2015年5月に里帰りした際にウルムチ空港で理由を告げずに拘束され、子どもとも引き離された。3カ月後に釈放されたとき、子どものうち1人は死亡していた。

7月6日の集会で証言したメヒルグルさん(記者撮影)

その後は当局の許可を受けたうえで就労していたが、2017年4月には「民族間の対立をあおった」として再び収容された。不衛生な狭い部屋に20~30人が押し込まれ、2時間ごとに交代で横になっていた。そのうえ尋問のため3日にわたり不眠状態に置かれたり、電気ショックによる虐待を受けたりした結果、8月末には精神病院に入院するに至る。それまでに同房者から9人の死者が出たという。

2018年1月には3度目の拘束をされ、「無期懲役か死刑」と脅迫された。しかし子どもたちがエジプト国籍だったため、同国政府の働きかけで奇跡的に収容所から出て、エジプトに渡航することができた。

出国の条件は2カ月後に中国に戻ることだった。出発にあたり、メヒルグルさんが「自分はなぜ何度も拘束されたのか」と係官に尋ねたところ、「ウイグル人だからだ」という答えが返ってきただけだという。

次ページ妻を追った夫は懲役16年を宣告された
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT