吉本社長の「的外れ」会見が与えた強烈な不信感

松本人志の尽力も、加藤浩次の叫びも届かず

「『反社会勢力のエステサロンは、もともと吉本興業のスポンサーだった』という声があるが?」という質問には、「吉本はイベント会社の依頼を受けてタレントを派遣し、そのイベントのスポンサーの1つが特殊詐欺集団のフロント企業でした」。

「『岡本社長が芸人を恫喝していた』という指摘も出ているが?」という質問には、「『どこを指すか』というのはありますけど、若いころは怒ったりとかはありました」「今は部屋で、1人でいるので(恫喝するようなことは)ないと思います」

毎年大晦日恒例の「笑ってはいけない24時」シリーズでお馴染みの藤原寛副社長が説明する場面も(撮影:大澤 誠)

また、「『会社としては“静観です”』と言ったのか?」という質問には、藤原寛副社長が「“静観”という言葉を使ったかどうか覚えていません」。

「『在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫』という発言の意味は?」という質問には、小林弁護士が「亮さんから『会見を生中継したい』という話がありました。それに対して、『吉本は京阪各局が株主様でいらっしゃるので、生中継するにしても、どういった時間帯にするのか配慮しなければいけないんです』と弁護士に話しました」「(吉本興業がメディアをコントロールすることは)物理的に不可能です」。

岡本社長の進退を問う声が繰り返し飛び交った

けっきょく大半の疑惑を認めないまま会見は終了。しかし、どの回答も見ている人を納得させるものではありませんでした。そのため、記者たちから岡本社長の進退を問う声が繰り返し飛び交ったのです。

こうした声に岡本社長は、「『環境を変えることに全力を尽くすことで責任を果たしていければ』と思っております」「『お金を下げた(報酬を下げる)からそれで(おしまい)』というつもりはまったくありません。自分自身がしっかり変わっていくことで、みなさま方にきっちりご評価いただければ」と退任の意思がないことを表明。さらに、「『笑いを作られる方を愛している』というところにおいては人一倍思っています」と胸を張りました。

ただ、やはりと言うべきか、ここでも一部の記者から失笑が漏れていたのです。

次ページ松本人志、加藤浩次の思いは届いていたのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。