吉本社長の「的外れ」会見が与えた強烈な不信感

松本人志の尽力も、加藤浩次の叫びも届かず

宮迫さんと亮さんが7月20日に会見した後、松本人志さんが岡本社長らと話し合いの場を設け、7月21日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、「このままじゃダメ」「会見を開かせる」「芸人ファーストでないと意味がない」などと発言しました。

翌22日朝、加藤浩次さんが「スッキリ」(日本テレビ系)で、「芸人たちが岡本社長らを恐れている」「みんなつらい思いをしていて、『トップが責任取れない会社って機能してるのかな』と思う」「経営陣が変わらなければ退社します」と訴えかけました。

かたや、岡本社長、大崎洋会長、藤原寛副社長らと、長年一緒に仕事をしてきて人柄をよく知る松本人志さん。かたや、MCとしてさまざまな企業や団体の不祥事を目の当たりにし、経済バラエティでトップとの対談を重ねてきた加藤浩次さん。円満解決を望んだ松本さんと膿を出し切ろうとする加藤さん、どちらの言葉も思いがあふれ、重みを感じるものでしたが、会見を見る限り、岡本社長に届いていたとは思えませんでした。

芸人たちの社長批判が暗示する未来

実際、SNSにはそんな岡本社長を見ていた芸人たちから批判が殺到。本来、社長への批判はタブーであり、パワハラ疑惑のある岡本社長はなおさらでしょう。「これまで何も言えなかった芸人たちが瞬発的に声をあげている」という現象は、ガバナンスの崩壊に他なりません。若手芸人までが「今、声をあげなければ」と腹をくくってコメントしているだけに、大量の退社があってもおかしくないのです。

また、影響力は大きいものの一個人に過ぎない松本さんと加藤さんが、生放送番組で「こうしなければ辞める」と発言し、これも「企業ガバナンスとしては看過できないもの」と言えるでしょう。

岡本社長の進退は変わらないのか? 宮迫さんと亮さんの再会見はあるのか? 松本さんと加藤さんの動向は? など、芸人たちの批判がやまない限り、しばらくは連日のように動きが見られるでしょう。まだまだ世間をさわがせ続けるはずであり、われわれとしては「吉本興業がここからどう立て直していくのか」を注視していきたいところです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。